2013年03月31日

《ここち亭》更新:短編『シキ、若しくは渇いた刑場』(覆面作家企画5提出作品)再録

 明けましておめでとうございます……などという挨拶を今更するのもどうかと思います。それは分かっています。
 あと少し待てば、新年度が明けたということで……なんてのもありかと考えたのですが、そういう問題ではないのでやめました。

 色々話はあるのですが、まず、更新情報。
 覆面作家企画5提出作品の再録です。今更な再録ですみません! 改稿したいと言っていたはずなのに、ほとんど変わってなくてすみません!(最大のミスは直した……はず) 新作じゃなくてすみません!

 そして、こっそり一作引き下げました、すみません!
 というか、今回の更新は、あれを下げるためのものでした。
 作品消すだけの更新ってどうよと思い、再録し忘れていた『シキ』を引っ張り出すことになっただけ……です。ごめん……。

 で、どうしてあれを下げたのか……と言いますと、

 私、今年は創作の年にしようと思っておりまして!

 ……今年が始まって約三ヶ月、新年の挨拶すらせずにサイトを放置していた奴が何を今更「今年は創作の年」だと笑われそうですが、実は! なんと! 驚くべきことに!
 私、年明けからのこの3ヶ月で、四百字詰換算350枚超の長編を一本書いたんです。
 公募用として!
 仕事帰り(弓道の稽古帰り)にモスバーガー(笑)に寄って、ポメラで執筆すると、結構進むんです、これが。さすがに、最近はちょっとモスバーガーのメニューに飽きてきているのですが。(笑)
 長らく活用し切れずにいたポメラちゃん、今回は本当に大活躍でした。(最近、また新機種が出ましたね! 気になりますが、まずは今の子を使い倒したい)

 というわけで、サイトには反映されていないけれど、ちゃんと創作してるんです。

 そして、そのことがどう「あれを下げた」ことに繋がるのかというと、今回書いた長編が「あれ」の設定を流用しているのです。
 物語の筋自体は違うのですが、被る設定がいくつかあるのです。いわば、今回書いた長編が本編で、「あれ」が番外編のようなもの。ただ、作者自身が詳細な設定を忘れていたというか、勘違いしていて、長編と「あれ」ではあちこち矛盾する設定も生じており……。
 この際、「あれ」も改稿しよう、そうしよう、というわけで、一旦、下げさせて頂くこととなりました。
 公募用の長編の方が落選したら、その長編と合わせて再公開できるようにしたいなあと思っております。
 ただ、今回、長編を書いていて、「あれ」のシリーズで色々書きたいエピソードが出てきており、思い入れの強い作品になってしまったので、今回しくじっても、改稿して別の公募に再挑戦しようかとか諦め悪くなっているところはあるのですが。(笑)
 いずれにしても、結果が出るまでしばらく掛かるので(実はまだ推敲途中)、その前に「創作の年」に相応しい活動として、サイトの方も動かして行きたいなあと考えてはいます。
 書き掛け原稿が少しあるのと、春夏シーズン用の別の長編も書きたいなあ、とか色々考えています。

 また、今年が「創作の年」! である理由はもう一つありまして、友人と、創作サークルを立ち上げることになりました。
 昨年末、絵を描く友人とお喋り中、ふとしたきっかけでそんな話になりまして……冬コミやコミティアへ下見に行き、秋の東京コミティアに出展すべく、諸々を計画中です。
 今のところ、小説本というよりも絵本的なもの(漫画が描けたら良いのだが)を作ることになるのかなあと思っております。
 冬コミ等々で素敵な漫画やイラストを拝見して、こういうのを私も描きたい! ときゅんきゅんしたのですが、実際に描こうとするとどうも上手くいかなくて、やはり私は絵描きではなく文書きなんだよなあと思ったりもしていますが、とりあえず、「友人との約束」もあるので、何かしらの活動はすることになるのだろうと思います。
 サークル活動に現を抜かし(?)て、サイトの方が疎かになる可能性がないとは言えませんが、創作活動は頑張っていきたいと思います。サークル活動の詳細は、決まり次第こちらのサイトでもお知らせできる……かもしれません。

 そんなこんなで、今年は創作の年! です。
 ああ、でも、公募用長編の原稿を出したら、まずはポケモンでも遊びたいなあ。ここしばらく、ずっと我慢していたし。夏休みまでにエンディング迎えたいし……。秋には新作が3DSで出ちゃうし……まだ3DS持ってないのに。(ぶつぶつ)

 この雑記の前回の投稿を見たら、サイトの改装的なことも考えていたようだし……ううん、色々ありますね。(苦笑)


 あ、しまった! 日付が変わっているけれど、サイトの更新は前日付けでやっちゃいます。(ばたばた)
posted by 桐生 at 00:12| サイト更新情報

2012年07月09日

今後のプラン

 長編連載をするなどと言いつつ、相変わらずの放置状態で恐縮です。
 が、創作意欲はちゃんとありまして、先日、再び短編を公募に出しました。メジャーな賞ではないし、出した原稿も改心の出来とは言いがたいのですが、ちょこちょこと書いています。

 で、短編とは言え、順調に公募に出せていることで調子づいたのか、次回は長編を公募に出したいなあと思っています。去年出し損ねたと言うか、結局書き進められなかったものに再挑戦したい、と。
 サイトでマイペースに書いていくのも良いのですが、追い込まれないとエンジンがかからないタイプゆえ、このままマイペースを続けていると永遠に長編は仕上がらないんじゃないかという危機感が芽生えております。「長編連載始めます」宣言も一種の追い込み方法ではあったのですが、サイトで発表してしまうと公募に出せない(賞によって規定は異なりますが)ので、「とっておきのアイディアは公募用」と出し惜しみしてしまう傾向が……! そして、書きたいものが永遠に書けない危機!

 この問題を解決すべく、私が考えた手段は二つ。

一、まずは公募を狙ってみる!
 賞が取れれば超ラッキー。落選作はサイト用に回せば公募とサイトと一石二鳥(?)!
 何度か挑戦して、こりゃダメだ、となれば、潔く諦めてサイトで趣味を楽しむことに集中できると思うのです。
 とにかく一度「本気で書く!!!」ことが必要だと考えています。いや、別に今まで冗談で書いていたわけではありませんけれども。

二、サイトを「小説を書くため場所」にする!
 今日の記事が既にそうなのですが、このブログがね、小説を書かない言い訳の場になっている、少なくとも、ブログを書く時間を小説を書く時間にすれば、その分原稿は進むはずなんだよなあ、と。
 私、他所の小説サイト様でもブログを読むのが大好きなのですが、『ここち亭』は創作小説サイトであって、日記サイトではなかったはずだ、と。
 しばらく更新していないと、まずは近況報告……なんて思ってしまうのですが、近況報告だけで小説原稿が全然進まない状況は、『ここち亭』の本旨に照らしてまずいのではないかと思うのです。少なくとも、今の「小説が書きたい!」私にとってはまずい。
 作者と読者の交流ツールとして、作者の人となりを知る手段として、他サイト様を見ている時にはブログは有用なツールだと思うのですが(小説の更新がなくてもブログだけはチェックしちゃう、とかあるよね!)、私の場合は……色々ダメっぷりを発揮しているので、むしろこれ、逆効果(恥さらし)じゃないかなって……今頃、気付いた……みたいで。
 もっとエッセイとしての内容を充実させられればいいなとも思うのですが、そうすると負担が増えて、益々小説の執筆に支障が生じるので、この際、ブログはやめてしまおう! と。
 小説書きたるもの、純粋に小説で勝負じゃあ! と意気込んでみたわけです。
 ただ、RSSリーダーなどを利用して更新チェックに利用している方もいらっしゃるでしょうし、頂いた感想に「ありがとうございました!」を返すくらいはしたいとも思うので、この際、ツイッターに移行しようかと思っています。
 従来、小説のあとがきは作品ページ末尾からリンクすることにしていますし、更新しましたというお知らせに長文は不要なのです。
 感想等のお返事も、長文で返すとボロが出るので(笑)、本当に「ありがとうございました」だけを返すくらいでよいのかなあ、と思っています。どうしても長文で返したくなったらメールをすることにでもして、原則として、小説の続きを書くこと、新作を書くことで答えていく方がいいのかなあ、と思っています。
 忙しい時でも、携帯からちょこっとツイートして、近況報告くらいはできるでしょうし。
 もちろん、近況報告に時間を掛けないということがブログ停止の目的なのですが、ツイッターの140字制限があれば、それほど時間を割くことにはならないだろう、と。

 というわけで、しばらくしたら、このブログはなくなるはず、です。
 が、いきなりブログごと削除してしまうと、迷子になる方が出ると思われるので、これまでの記事を非公開にして、ブログ停止のお知らせ記事のみ表示させる方向で検討中です。
 覆面作家企画の感想記事くらいはそのままにしようかとも思うのですが、日常の雑談が紛れ込んでいたりすると恥ずかしいので悩み中です。内容を確認した上でどうするか判断したいのですが、恥ずかして読み返す勇気がありません。

 そして、ブログの停止に併せて、サイトデザインなども少し手を入れたいもと思っています。大幅に変える気はなく、サイトデザインに夢中になって小説の執筆が滞ったら意味がないのですが、今の最大の悩みはペンネーム(というかハンドル)をどうするか、です。
 公募用のペンネームとサイト用のハンドルを一致させるべきか否かで悩み、この桐生愛子というハンドルをそのまま使い続けるか否かで悩んでいます。今の名前に愛着はあるのですが、Googleで検索を掛けるとイメージ戦略上好ましくない結果が出て来ちゃうんですよね。使い始める前にGoogleで検索した時は何もヒットしなかったのに!
 ペンネームとしても使うなら、もう少しインパクトのある名前の方がいいかなあとか、字画のいいものがいいなあなどと思いつつ、色々考えていますが、なかなか全ての条件を満たす名前はありません。
 この名前の問題が解決しないことには、サイトの整理もできないのですが、この名前の問題、永遠に解決しないような気さえする……。(笑)

 そんなこんなで、このブログが言い訳の場になっているとか言っているそばからこんな長文記事で、もうどうしてこう私は話が長いのか! 余計なことを喋り過ぎてるんだ!
 ツイッターに移行したら、近況報告ももっと端的で上品な内容になるに違いない……と期待しています。何だかんだ言って、くだらない日常ネタを垂れ流すことになりそうな気がしないでもないですが。

 色々と趣味が増えて、どれも中途半端担ってしまうのが悩みだったのですが、小説を書くという趣味だけはやはり捨てられないのかなあ、と思っています。
 先日も覆面作家企画5でご一緒した方々のサイトをふらりと回っておりましたが、コンスタントに書き続けている方がいらっしゃって(当たり前?)、私も頑張ろうと思いました。いつまでも辺境サイトではなくて、少しメジャーになりたいです(←欲)。
 「小説家になろう!」さんに登録することなども考えています。
 自前サイトだと、原稿が仕上がった後のサイト更新作業の手間も結構あるんですよね。サイトデザインが与えるイメージは大事だと思っているので、自前サイトをやめるということはないと思いますが、ミラーサイト代わりに登録してもいいのかなあ、とは思っています。携帯ユーザーへのアピール含めて、アクセス数の向上にも繋がりそうですし(←欲)。

 しかし、一言センデン言板がリニューアルしていたり、ペンギンフェスタ2012が開催されていたり、ネット小説界も色々動いてるんだなあ、と浦島太郎気分。
 サイトを動かすようになったら、宣伝とかもう少し力を入れて……と野望が膨らみます(←欲の塊)。

 何はともあれ、この夏は、小説を書く、ぞぉ!

 ……ちなみに、この夏のサイトの更新予定ですが、長編連載は厳しいかな、と思っています。合間を見て、短編を書けたら……なんて甘っちょろいことを言っているから、公募用原稿が進まないのではないか、ということは分かってはいるんだ。

 頑張ってるサイト様を見ていると、自分も頑張らなきゃ、と思う一方で、気が付くとネットサーフィンで時間を消費しているのはなぜなのか。
 いつの間にか明日が今日になっている……こ、こんなはずでは!!!(焦)

 だからやっぱり、ブログはやめないとまずい……のだ。
posted by 桐生 at 00:43| 日記

2012年06月13日

紫陽花が綺麗な季節になりました。

 こんばんは。
 執筆は予定通り進んでいる……とは言いがたいものの、色々意欲だけは出て来ている桐生です。
 とりあえず、念願の(?)ツイッターを始めてみました!
 が、短歌を詠むのと起床&就寝時刻を記録するのが主な目的のアカウントなので、当面、こちらのサイトからリンクを繋ぐ予定はございません。コミュニケーションに積極活用……するつもりもないので(笑)、気になるあの方々のアカウントもフォローせずにこっそりPCから覗く方針を続けようと思います。
 携帯が未だにスマフォ(スマホ?)ではなく、パケット代も心配なので、リアルタイムコミュニケーションへの乱入はまだ先のことになりそうです。
 でも、なかなか楽しそうなので、気が向いたら、こちらのサイトと繋ぐ用のアカウントも取るかもしれないし、取らないかもしれません。

 それはさておき、先日、『lImit Over』に「読んだよ!」を頂きました。すっかり放置サイトなのに、読んでくれてる人がいるって素敵ですね。新作書こう、と思いました。(笑)
 色々構想は練っていて、予定していた連載用とは別の思い付き作品が半分くらい形になっています。季節設定的に、秋の話かなあという気はしているのですが。
 何かしら書いてはいます、という言い訳的な。
 創作、という意味では、短歌を詠むのも創作なんですが!
 ……書きます、書きますとも! また公募に出したいなあという邪な(?←公募用原稿書き始めたらサイトが疎かになるのは自明の理)気持ちをむくむくさせつつも、サイトもしっかりやっていきたいな、と思います。
 最大の懸念は、23日発売の『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』でしょうか。もちろん、予約済みです。一応、自制心を発揮してブラック2だけにしたんだけれども。(笑)
 まあ、前作のホワイトもクリアしていない状態ですし、ポケモンは大好きですが、ゲームやりたい欲と創作したい欲なら後者が勝つかなって気もします。ただ、ゲームはやり始めると長くなっちゃうのが……ね。←それは明らかに前者の欲に負けているのではという突っ込みは受け付けマス。

 で、もう一件。
 このブログの左のフォームから、『おまえうまそうだな』についてのご意見を頂きました。
 『おまえうまそうだな』、すっかり忘れておりましたが、これは私が書いた小説……ではなくて! 以前、私が映画館で見て、このブログに感想を書いていたアニメ映画です。
 いやあ、本当にすっかり忘れていて、「おまえうまそうだなは……〔中略〕……気になった所がありました。」という冒頭文を一見して、「私、こんなタイトルの話書いてたかな。どんな話だっけ?」と一瞬考え込んでしまった次第。
 気が付いて、慌ててブログにログインして確認しましたよ。で、私、これの感想、書いてたんだーと。まあ、ブログに感想書いてたことも忘れていたという、ね。最近は映画を観てもブログに感想書いてないことが多いので、いつ頃まで書いていたかな、と。
 人と一緒だと、その同行者と感想語って満足しちゃったり、色々お喋りに興じているうちにブログに感想書くことを忘れちゃったりするものです。一人だと、帰りに携帯メールで下書き投稿するのもやりやすいのですが。
 で、頂いたご意見(の送り主さんに対するお返事)ですが、特段、私の書いた感想に対する突っ込みというわけではなく、『おまえうまそうだな』の作品自体に対するご意見(ご感想)と読み取れたので、私としては、「へえぇ、そっかー。」という具合に受け取っておけばいいものという理解でよろしいんでしょうかっ!?
 結構長文で、他のアニメ映画やスタッフさんにも触れて分析して頂いているので、何か気の利いたコメントを返さないといけないのかなと思いつつも、前述の通り、私、自分がこの映画を観たということも一瞬忘れていて、感想書いたことも忘れてて、自分の感想を読み返して、意味が分からず(当該感想で「ペロペロ」というキャラクターに触れているのですが、これがどういうキャラクターだったか全く思い出せないのです。検索すれば出てきそうですが、あえて調べないよ。)、気の利いたことなんて言えるわけがない!(笑)
 読み返すと、基本的に私の感想は好意的で、『おまえうまそうだな』をオススメする内容なので、もし、私の感想を読んで『おまえうまそうだな』をDVDか何かで観たけれど、イマイチだったよーという趣旨でのご意見なのだとしたら、そうですかー、ご趣味に合いませんでしか、私はそこそこ気に入ていたはず(笑)なんですけどねー、なんて回答になるのでしょうが、どうにも私の推薦文に対する苦情とは読み取れず、そもそも送り主さんのご感想が「イマイチ」だったのかどうかも分からず。色々比較して分析されているからか、「つまらなかった!!!」という感情はあまり強くは感じませんでした。かといって、「面白かった!!!」という感情を感じたわけでもないのだけれど。(笑)
 いずれにしても、私は『おまえうまそうだな』の感想を書いたことをすっかり忘れていて(制作者の皆様に対しても失礼な気がする、申し訳ない……。でも、当時の感想を読み返すに、楽しんだ映画ではあったと思うので……。)、記事を書いたのも一年半以上前で……正直な所、なぜ今頃このようなご意見を私が受け取っているのかが分からなかったりします。(笑)
 特に名乗られてもおらず、このブログに辿り着いた経緯も書かれていなかったので、たまたま最近『おまえうまそうだな』を観て、たまたま検索で私の記事がヒットして、自分の感想とはちょっと違うぞ……ということでご意見をくださったのかもしれないし、露骨に苦情の形にはしなかったけれど、桐生が勧めてたからわざわざ観たのに、自分の趣味とは違った! 桐生の感想に騙された! と思って、ちょっと一言言わずには……的なことだったのかもしれないし、あるいは、分析に夢中になってうっかり名乗り忘れただけで、送り主は旧知の友人で、桐生が前に勧めていた映画を観たから、ちょこっと自分の感想も送っといてやるか的なことだったのかもしれません。
 もし一番最初の場合なら、すみません、あなたがたまたま見つけた感想を書いた奴は自分が感想を書いたことも忘れているような阿呆です、基本的に創作小説サイトのおまけコンテンツなので、まともに映画の内容について語り合うことを希望されているならば、その手の感想サイトとかをお探しになった方がよろしいかと思います、ごめんなさい!
 また、もし二番目の場合なら……まあ、他人である以上、趣味が百パーセント一緒だなんてことはそうそうありませんから、お気に召さなくて残念ですが……いやあ、アハハ……(笑って誤魔化し、逃走)。書いた感想の内容をすっかり忘れていたこと(勧めておきながら…)については、ちょっと申し訳ないと思っています。ごめんなさい。
 そして、一番最後の奴だったら……まさかこんな長々とブログのネタにされるとは思わず、個人的にちょっとメールしたくらいの気持ちだったのに……と大いに戸惑われていることと思います。ごめんなさい。いや、でも、元はと言えば名乗り忘れた方に責任があるわけで……私が謝る必要はないのかしら? むしろ、名乗らなかったにも関わらず送り主を特定される方が嫌ですよね!(開き直り)
 ただ、心当たりがあるとすれば、内容のジャンル的に、旧知のAさん……? でも、Aさんなら普通名乗ってくれそうだし……とぐるぐるしています。
 ……あ! 今、もう一つの可能性を閃いたぞ! きっと送り主さんはかなりのシャイで、ずっと送ろう送ろうと思っていたコメントをなかなか送れず、一年経ってやっと送信できたのだけど、何度も書き直しているうちに名乗ったり、ここに辿り着いた経緯を説明したりすることを忘れてしまったんだ! そうに違いない!(たぶん違うよ)

 ……いずれにしても、変なネタ話的お返事しかできず、恐縮です。こんな訳の分からんネタにされるぐらいならノーコメントの方がよかった……とお思いかもしれませんが、ツイッターとか始めてご機嫌でテンション上がっているせいか、つい……もごもご。
 本当に勇気を出してメッセージを送ってくださったシャイな方だったら、あんまりな扱いかもしれませんが、まあ、今後も気が向いたらサイトの小説の感想とか遠慮なく送ってくださいね!(←分かりやすく感想熱望する書き手)
 あ、でも、あまり詳細に分析されると、私のダメージが大きくなるのは間違いない(笑)ので、お手柔らかにお願いしますー。

 さて、気が付けばいつの間にか明日がもうすぐそこに!(とか言ってるうちに今日になってしまった)
 今夜は12時前に寝て、明日は早起きすると決めていたのに!
 そもそも早起き生活のために起床&就寝時刻を記録しようとか思ってツイッター始めることにしたはずなのに! ……というわけで、おやすみなさい。
posted by 桐生 at 00:18| 日記

2012年05月18日

ウソだ! 嘘だ、嘘だ、嘘だぁ!

 ……今年に入って一度も更新していないなんて、そんな馬鹿な!
 これはきっと誰かが私の書いた記事を勝手に削除したに違いない……!
 だって、確か年明けに、年内にもう一度ブログを更新するとか書いたのに更新できなくてごめんなさい的な記事を書いた……ような気がするんだけど、書きかけてやめたのか、書こうと思っただけでやめたのか……あれぇ?

 ……いや、いずれにしても3ヶ月以上(より正確に言えば4ヶ月以上かと思われる)の無更新状態だったことは確かなので、申し訳ないとも何とも言いがたく……もごもご。

 えっと、別に、とりわけものすごく忙しかったというわけでもないと思うのですが、色々付き合いがあったり、弓道があったりしましてですね……。
 簡単に近況報告を致しますと、今年のG.W.は1泊2日で秋田県角館に花見に行ってきました! まあ、桜はほとんど散ってましたけれど。(3日遅かった・笑)
 八重桜や一部残っている桜もありましたし、角館の武家屋敷は立派で見応えがありました。紅葉の季節なんかも綺麗だろうなあ。
 宿は田沢湖にとり、たつこ像なども眺めてきました。お天気はいまいちでしたが、お土産をいっぱい抱えて帰ってきました!(笑)
 これが、4日と5日のことなのですが、翌6日、弓道の審査がありまして。(笑)
 22時過ぎに新幹線で帰京して、翌朝は弓矢を持ってお出掛けです。
 我ながらアホだと思いますが、旅行の申し込みをする直前に、6日の審査を受けても良いと先生がおっしゃるから! ええい、ままよ! と。
 旅行日程をずらすという手もあったのですが、30日に用事があったのと、その時点の開花予想では、4月28、29日ではぎりぎり咲いているかどうかくらいに思われたのです。それがまあ判断ミスだったんですが!(でも、予想を裏切られたのは私だけじゃないはずだ)
 というわけで(?)、強行日程で弓道の審査を受けに行きまして、弐段、合格しました!
 わぁい、わぁい。(>▽<)ノ

 あと、G.W.中、とある公募に小説の原稿を出しました。予定枚数よりだいぶ短くて、内容的にも「どうなの、これ?」的な代物ですが、とりあえず「出す」と決めて書き上げたものなので、けじめ(?)を付けるべく、送ってしまいました。結果は期待できないので、新たな公募に目星を付けて、今度こそまともなものを書こうと決意中です。まあ、短編ですけれども。

 それとは別に、長編も書こうと思っています。というか、いい加減、サイトの更新もしなくちゃならんと思っておりまして、久々に連載やっちゃいますかー! ってな気分です。
 ちょうど、前々から温めていた最初と最後のイメージだけ固まってる長編が、全体的な構成をまとめられるようになって来たので、これなら何とか書けそうだ、と。
 とは言え、このまま見切り発車は恐ろしすぎるので、ある程度書き進めてからかな、と思っています。季節的に、5月〜7月のさわやかな季節に連載したい話なのですが、既に5月も半ばを過ぎているので、7月〜9月、あるいは9月〜が目標です。
 作中の季節設定的には9月からがちょうどいいのかなあと思いつつも、夏休みの時間を充てられる(書き手も読み手も)7月からの連載の方がオイシイのではないかと悩み中です。
 全ては執筆状況次第、でしょうか。7月には、前述の「新たな公募」の締切(短編、かつ大体の構想もまとまっているので支障はないと思われる)に加え、毎年季節を逃している書き掛けの短編の更新予定(は未定)もあり、多少慌ただしくはあるのですが、いつまでも冬眠しているわけにはいきませんからね!

 ……冬眠、で思い出したが、やっぱり、春になったので復活しまーす的な記事、書いてなかったかなぁ?(未だに4ヶ月以上無更新状態が信じられない人)
 そう、エイプリル・フール企画とか考えていたんですよ。それが失敗した(考えるだけで終わった)のは覚えているんだけど……。(笑)


 あ、そうだ! 一番大事なこと!

 覆面作家企画5でご一緒した高遙さんから、メールを頂いたのですよ。3月の初めに!(既に2ヶ月以上前)
 今更こんなところで御礼を申し上げてもご覧になっていない可能性大ですが、ありがとうございました!
 高遙さんの高尚な文章で褒められると、まるで私の書いたものが高尚だったかのように感じられる高遙マジック☆ モニタの前で、ついため息が出ちゃいました。やっぱり私、天才……!(´▽`)みたいな。(←甚だしく勘違い)

 覆面作家企画5関連では、真夜中のラブレター大作戦の後半戦がさっぱり進んでいなかったり、前半戦にお付き合い頂いた方々の連載中作品が気になっていたり(既に完結してるはずのものも)、私のリクエストに答えて新作を書いてくださったという情報を得ていたりもするのですが、今、書きたい欲求の波が来ているので、新連載スタートの準備を先に進めさせて頂こうと思っております。色々ご無沙汰している皆様、ごめんなさい!
posted by 桐生 at 23:37| 日記

2011年12月25日

Merry Xmas!

 大変遅ればせながら……皆様、メリー・クリスマス☆

 今年も、クリスマス短編は間に合いませんでした……!
 もはや「ごめんなさい」と言うこともできません。(ほぼ確信犯ゆえ謝罪する気なし)

 私、この時期はダメなんだと思います。
 だって師走だし! 師匠も走る忙しさ! 原因は忘年会と年賀状……!

 そんなこんなで、未だに年賀状も書き上がっておりません。
 一昨日、デザイン決定&印刷まで済ませて、今日は宛名書き。葉書が足りなくて近所のコンビニまで買い足しに行ったのだけれど、その後、書き損じ&数え間違いが原因で、更に一枚足りなくなりました。今日はもう出掛けたくないので、明日買ってきます。いずれにしても、一言手書きコメントという仕事が残っているので、今日中に投函とかできないし……。
 29日が一日お休み(今のところ特段の予定もなし)なので、そこで何とか仕上げようと思います。
 来年も、元旦到着は難しそうです。でも、大晦日に書き上げて投函した昨年を思えば、29日に投函できれば二日も前倒しだぜ! ……って、志が低過ぎるでしょうか。

 延々と日の目を見ないクリスマス短編に代わって、正月っぽい和風な何かを……とか、ここは心機一転! 気合いを入れて長編連載(ストックがないのは明白なので連載するとしても見切り発車確実)とか……などと思い巡らすも、鬼が笑いそうなのでやめておきます。

 相変わらず、桐生は弓道とポケモン(のグッズの収集…ゲームはあまり進んでいない・笑)に夢中です。
 年末締め切りの公募も間に合いそうにないので、長編から短編に切り替え……るはずが、短編すら書き上げられるのか怪しいというこの状況。

 人の世に 耐えて年賀状の なかりせば 師走の心は のどけからまし……なーんてニャ。(ニャ?)

 年賀状を書くのは割と好きなのですが、この習慣がなければ年末はもっと遊べる気がするんだ……!(早めに準備しておかないのが悪い)

 それでは皆様、良いお年をー!
 ……と年末の定番の挨拶などしてみるも、できれば年内に「年賀状書き終えたよ!」という報告をすべく、もう一回くらいは雑記を更新したいものです。(笑)
posted by 桐生 at 23:34| 日記

2011年12月17日

感謝!

 少々放置気味で失礼致しました。

 先週末、ここでも少し前に「参加したい」と漏らしたような気がする冬祭り用の原稿をせっせと書いておりまして、何とか書き上げたには書き上げたのですが、何だかどうにも気に入らず、あまりの気に入りなさっぷりに書き直しの気力も失せて、結局、提出しませんでした。
 この手の話は企画でこそ! しかもお題も何とか三つ使える! と張り切っていたはずなのですが……登場人物のキャラクターが途中から軌道を逸れて、何だかすごく嫌ぁな感じになってしまい、ボツ。
 書き直す時間がないこともなかったのですが、何でこんなにも気に入らない作品を書き上げてしまったのかとぐるぐる考えてしまい、やる気が減退して。(笑)
 自分が書き上げた作品について、未熟だなあ、いまいちだなあと思うことは少なくないのですが、今回は何か「嫌ぁな感じ」だったのです。これは珍しいことというか、初めてかもしれません。
 加えて、同時並行的に、イラストサイト様を彷徨って、お絵描きしたい病に罹り、自分が表現したいものは何なのか、イラストサイトというか、絵本サイトみたいなことがしたいなあ、あなんてことをぐるぐる考えたり、ぐるぐる考えるのが面倒臭くてとりあえず早めに寝たりしてました。(え)

 だって、最近、寒いんだもん!(え?)
 冬眠したいです。あるいはせめて、冬ごもりたい……。

 そんなわけで、PCも放置気味になっておりました。
 りんごブーム(桐生の周辺に局地的に発生している)に乗って、りんごの食べ比べをして、その結果をポメラにメモったり、新型ポメラの実機を家電量販店で確認したりもしており、ブログに書きたいなーと思ってはいたのですが……寒いし。(結局)
 そもそも、PCに向かってキーボード叩いている状態って、指先を動かして入るものの、指先から冷えていくんですよね。何でだろう? 体全体の運動量が低下するからかな、やっぱり。末端部から冷えていく。
 冬場のネット環境は厳しいです!
 やはり冬は、コタツでポメラ! でしょうか。これで執筆が進むと良いなあ。でも、この時期最大の「最優先で書くべきもの」は年賀状。
 まだデザインすら決めていません。クリスマス三連休が勝負ですね!(笑)

 ……などという与太話はさておき、記事タイトルの件。

 感想とか「読んだよ!」とかお送りくださった皆様、ありがとうございます!

 2000hitの三題噺『郷愁』も、無事にリクエストをくださった匿名希望様にお読み頂けたようです。(先輩を)気に入って頂けたようで、一安心。ありがとうございました!
 この高野君たちのお話は、随分あっさりとした短いお話なのですが、いつの間にか「いつか長編で書きたい話」に膨らんでおり、ちょっと思い入れが増しています。私の「いつか……。」は大概実現していませんけれども、ね!(笑うところ)

 また、覆面5でご一緒した空凪燈莉様からお手紙(メール)も頂きました! ありがとうございます! しかと受け取りました!
 前述の通り、自分の書きたいものについて少しぐるぐるしていたところだったので、素敵な感想を頂いてしまい、ひゃっほー、やっほー、どうしよー! 的にうろたえつつ、とても嬉しかったです!
 やはり、読んでくれる人がいるのだと思うと、意欲が湧くというか、次はさらに面白いものを書くからね! って気になります。(あれ、私、今、自分でハードル上げた?)
 現状、自信レベルがやや低めだからってのもあるのでしょうが、ある程度、自分の書きたいものが見えたからかな。
 次に予定している間に合うか怪しい毎年タイミングを逃してお蔵入りしてきたクリスマス短編がその「書きたいもの」になるのかどうか、ちょっと怪しいのが何とも微妙なところではあるのですが……ああ、ハードル上げるんじゃなかった。(甚だ後悔)

 イラストサイト様を眺めていると、自分も絵が描きたくなってしょうがなくなる今日この頃ですが、一方で、レベルの差にこりゃー自分には無理だわーって気にもなります。(笑)
 とりあえず、目先の難題は、年賀状の龍をどう描くかってことです。十二支中、一番の難題じゃないかしら、龍って。実在しないし。

 それから、あともう一つ、感謝なこと。
 某御方がいつの間にかこの辺境サイトにリンク張ってくださっている……!? ひゃあ、ありがとうございますー……という御礼をこんなところでこっそり述べるのもあれなので、いずれきちんと御礼のメールをお送りしたい、です。この「いずれ」はきちんと実行したいところ。(笑)

 そんなこんなで……さ、明日は早起きして資源ごみ出さなくちゃな!(生活感ありありな現実)
posted by 桐生 at 01:45| 日記

2011年11月27日

ご褒美三昧

 今日は弓道の審査でした。
 この日のために、ここしばらくずっとお稽古頑張ってたんだ……!(執筆も頑張ってた、よ。)

 色々不満な点はありつつも、無事、初段になりました。(ご満悦)

 というわけで!
 自分へのご褒美として、ミニストップの「濃いダブルベルギーチョコパフェ」を食べました。以前、佐東さんがブログで(だったかな?)オススメだと書いていて、ぜひとも食べたいと思いながら、なかなかタイミングが合わずに食べられずにいたものです。やっと食せたー!
 なるほどなかなかなお味でした。だがしかし、チョコレートのスポンジケーキがもう少しふんわりしていると嬉しい……というのは贅沢か。いや、これはスポンジケーキじゃなくてブラウニーなのか。だからしっとり歯ごたえなのか。むむむ、ブラウニーはブラウニーで好きなんだ。ただ、ここではちょっと軽さが欲しい気がしたんだ、よ。更に、パフェには生クリームとゼリーが欲しい気もする。
 ……ティラミスプリンパフェも気になる、な。うまそうだ。
 あ、「ハピリッチ スイーツ」の「ベルギーチョコパフェ」もありかもしれない。いや、「ミックスフルーツパフェ」もいいな。金のスプーン、ちょっと欲しいです。まだあるかなあ。(笑)
 恐るべし、ミニストップ。続々と美味しそうなスイーツを開発して……これは何かの罠に違いない!(笑)

 さて、と。
 審査疲れを癒すべく、今日は早めにお風呂に入って就寝です。
 ご褒美にとっておきの入浴剤、使っちゃうんだぁ。お誕生日祝いに頂いたお花の形の入浴剤、なんと泡風呂にもできるらしいのですよ!(わくわく)
posted by 桐生 at 22:39| 日記

2011年11月23日

りんごについて熱く語る回

 今日の雑記のテーマは「りんご」です。
 来年の手帳とか新型ポメラの話もしたいのですが、まずはりんご。

 が、その前に諸々の御礼をば。
 先日の更新に関して、早速「読んだよ」の反応を頂いております。それ以前の更新分はもちろん、旧作にも手を伸ばして頂いているようで、『モンブラン通りのスウィート・ハート』を気に入ってくださった方もいるようです。『モンブラン通り〜』は、サイト初期の作品ながら、未だにぽつりと反応を頂ける希有な一作です。
 そろそろ、またこういう純な恋愛物も書きたいですねぇ。
 あ、それから、メールフォームからのメッセージ到達確認(11月23日23時現在)として……真冬様、染井六郎様、メッセージありがとうございました! しかと受け取りました!

 というわけで(?)、今日、りんごを食べたのです。
 先週、スーパーで買って来たりんごで、同時に柿も二つほど買って、朝食時に食べよう食べようと思いながら、毎朝ばたばたとしていてりんごの皮を剥く暇がなかった(要するに寝坊した)ために、なかなか消費できずにいたりんごちゃんを、ついに!
 八等分して、一切れをそのまま、残りはレンジで焼きりんごにしました。元々、ああ、なんか焼きりんごが食べたい気分……秋だし、焼きりんご、焼きりんご、焼きりんごー! という状態で買って来たりんごだったので、やっと念願叶いました。何気に今シーズン初の生りんごじゃないかしら。りんご入りクッキーとか加工品では食べていたけど……あ、いや、食堂の定食でデザートとして一切れ付いて来たことがあった、な。

 何はともあれ、めでたくりんごを食し、思ったのが……りんご、うまっ!

 りんごって、りんごって、こんなにおいしい食べ物だったんですね!(本気で感動)
 特に生りんご! このしゃきしゃきとした歯ごたえ、このみずみずしさ……なんておいしいのかしら!

 元々、りんごは好きな果物でした。りんご好き故に、環境の変化による不便を覚悟でWindowsからMacに乗り換えたほどですから!(笑)
 いや、りんごのロゴマークがなくても、Macのデザインは洗練されていていいと思うけれども、りんごのロゴマークがなかったら、不便を乗り越えてまでMacにしたかどうかは分からない、よ、本当に。
 秋生まれということもあり、りんごの赤くてかわいらしい形は、自分印的な親しみを覚えるのです。きのことかどんぐりの形も好き。丸っこいの好きー。
 ただ、まあ、これまで、見た目はりんごが好きだけど、味で言ったら梨(幸水)の方が好きなんだよねえ、と思ってました。反省します! 私はりんごのおいしさを全然分かっていなかった! りんご、おいしいです! 梨に負けてません!

 で、赤くてかわいくておいしいりんごちゃん……なんですが、先日、新聞で見たのが、長野県が開発したりんごの新品種「シナノゴールド」が、イタリアで生産されるという記事。
 「シナノゴールド」は黄色いりんごなのですが、日本ではどうしても「りんご=赤い」のイメージが強くて、売れ行きがイマイチらしいのです。確かに、私もりんごと言えば赤くてかわいい……というイメージがあり、普段、自分で買うりんごは基本的に赤い奴、です。別に必ずしも真っ赤な奴ばかりじゃないけれど(今日食べたりんごは確かサンふじだったはず)、いわゆる青りんごとか黄りんごは買ったことないかも。
 でも、「シナノゴールド」はおいしいりんごのようです。で、青りんごや黄りんごが赤りんごと同じ割合でスーパーに並ぶ欧州市場に打って出ることにしたとかなんとか。今後、イタリアで栽培されて欧州市場に出回るそうです。
 黄りんごだっておいしいというなら、ぜひ食べてみたいと思うのが桐生です。今日、食事を共にした知人曰く、「自分は青りんごの方が好き。赤りんごは食感重視だけど、青りんごは味で勝負してる。」と訳の分からないこと(失礼)を言っていたので、今度、スーパーで探します、シナノゴールド。
 ついでに赤りんごと青りんごと黄りんご、各品種色々食べ比べてみたいと思います。今年(あと一月ちょいですが)はりんごブームが来るよ!(桐生の周辺に局地的に)

 りんごと言えば、実は先日の新作短編『郷愁』にもちょこっと出てきました。これは桐生にりんごブームが訪れる前に書いたものですが、りんご好きゆえのチョイスです、たぶん。
 そしてふと思う。
 この際(?)、りんご農園を始めるのも良いかもしれない、と。おいしいりんごが食べ放題……ぽわん。(←売り物を食べてはいけません。)
 ええ、分かっていますとも、収穫までの諸々が大変だということは、もちろん!
 仕方がないので、私はりんごを食べてりんご農家を応援します。りんご大好き、大好きりんご!
posted by 桐生 at 23:59| 日記

2011年11月22日

《ここち亭》更新:2000hit桐リク作品『郷愁』ほか2編

 お待たせしましたぁ!

 ……と言って、果たして待ってくださっているのかどうかちょっぴり不安です。(笑)

 無事(?)、2000hit桐リク作品が出来上がりました! リクエストしてくださった匿名希望様のお気に召せば良いのですが……。
 最近の傾向で非常に短く、短編というか掌編? な感じになってしまいましたが、おまけの習作二作も同時公開しております。
 初めてのリクエストゆえの気合いは、三作同時公開というところに表れています。本来ならば、一作一作に気合いを入れるべきところ(それなりに入れたはずなのだけれど)、若干気合いの入れ方を間違えたのかもしれません。

 変な短編癖(むしろ掌編癖?)が付いておりますが、次回作はもう少しちゃんとしたストーリー展開を見せてくれるはず、です。たぶん。

 ふふふ、実は密かに「冬祭り」への参加を狙っていましてね!
 年末までに仕上げたいものが別にあるのですが、ふと思い付いてしまったネタがこういう企画でこそ生きそうなものなので、何とか滑り込めたら……と画策中です。
 仮に参加し損なっても、毎年のように言い続けているクリスマス短編はサイトで披露することになると思いますので、年内、まだまだ動きます。たぶん。(え)

 ちゃんとストーリーのある話を書くんだから、ね!

 今回の三作の言い訳がてら、このところの変な短編癖に関する考察をしようかと思っていたのですが、それぞれのあとがきで大方言い訳しているのと、あまり上手くまとまらないので、とりあえずやめておくことにしました。
 色々思うところはあるのですが、これはこれでというものもあれば、いずれ改稿をと目論んでいるものもあるので、現時点で比較分類してもあまり意味がないかなあ、と思いました。
 ただ、ある条件が揃うと短編(掌編)化するらしいという感覚は持っています。
 ある条件:三人称、主人公のキャラが弱い、雰囲気重視、慣れない世界観、凝った設定……。
 たぶん、最大原因は主人公。動かしやすい強烈な主人公(テンション高め)は大事だな、と思いました。
 尤も、地味な主人公でも淡々と上手に話を作っていく作家はいるわけで、結局のところ、筆力の問題か気合い(きっと重要!)の問題っぽい気はするのですけれども!

 長編をまとめるのはなかなかしんどいものだよなあ、と思いつつ、書きかけ放置のあれやこれやをどうしようか迷いつつ、まずは目先の次回作。

 とりあえず、寝ます。(笑)
posted by 桐生 at 02:56| サイト更新情報

2011年11月12日

《ここち亭》更新:新作短編『彼はスープを愛してる』

 『冷めたスープ』に頂いた感想に触発されて、当初、全く予定になかった続編を書いてしまいました。
 相変わらずの勢い仕上げですが、ラストが意外にうまいことまとまったじゃないか、と自画自賛。

 桐リク作品は、この週末に進めたいなあと思います。
 『ジェーン・エア』について、少し直したい部分もあったのですが、一度公開してしまうと、まあ、あれはあれでもいいかなあという気になったり、やっぱり直そうかと迷ったり。
 過去作を再読して誤植も見つけてしまったのですが……HTMLだけじゃなくて、テキストファイルの原稿もあわせて直さなきゃ行けないよなあ、とか思うと色々面倒になるのはなぜでしょうか。

 ……答え、桐生が怠惰だからです。

 だめ管理人で恐縮です。

 覆面作家企画5を引きずって、真夜中のラブレター大作戦を(途中まで)実行し、頂いたお返事にきゃっほーい! となりつつ、あの長文メールは無事に届いているだろうかとふと不安になったりしています。
 メールフォームに書き込んで、「確認」ボタンを押した後、私はちゃんと「送信」ボタンを押しただろうか、と。(笑)
 前にやったことあるんです。メールフォームに記入して、ボタンを押して、「送信できた!」つもり、で、別窓で作業していて、しばらく後に元の窓を確認したら「以下の内容で送信してよろしいですか?」の画面が表示されていて、まだ、送れてないじゃん! ってことが。うっかりそのままウィンドウを閉じていたらお終いでした。
 一気に30件も、しかもやや寝不足状態で回ったので、また同じミスをやっていないか心配です。送ったメッセージの下書きは残っているので再送は容易いのですが、送れているかどうか分からなきゃ再送もしようがない!(笑)
 まあ、送れていなければ送れていないでご縁がなかったんだ……と思うより他ありませんが、万が一にも桐生の来訪を待たれていて、クリスマスの夜とかに「ねえ、ママン。ボクも桐生サンにお手紙(感想)を書いたのに、どうしてうちには桐生サンが来ないの……?(涙目)」なんてことになっていたら申し訳なさ過ぎる……!
 「それはね、桐生サンがうっかり者の阿呆だったからよ……。」とか答えてくれるママンがいればいいのだけど!(笑)
 いや、まだ半分弱しか回れていないし、ラブレター全投函は年内目標でもちょい厳しい感じなので、そもそもクリスマスとかじゃたぶんまだ届いてない方の方が多いとは思うんだけれど、も。
 年内には片付けたいと思いつつも、年末は色々予定が立て込みがちなんですよねえ。うむむ。まあ、バレンタイン辺りまでには勇気を出して告白し終えたいところです。(笑)

 しかし、お返事貰っても「うひゃあ! どうしよう!」とそわそわしちゃいますが、お返事貰わなくてもやっぱりそわそわしちゃうもんなんだな、と身をもって思い知ったところで、もしかすると私と同じようにそわそわしている方がいるかも! ということで、届いてますよー報告のため、追記部分にお名前のみ掲げさせて頂きます(不都合があったらお申し出ください)。
 「送信」ボタンを押し忘れたままブラウザ閉じそうになる阿呆は桐生くらいかもしれないけれど、ついこないだメールフォームの不具合も発生したばかりなので、「もしかして届いてない……?」と心配の方はいらっしゃるはず! ということで。

 なお、頂いたメールに対するお返事は、後日、個別にメール等でするかもしれないし、しないかもしれません(返信希望の記載があった場合及び内容から返信が必要と判断した場合は必ずお返事します。御希望の方は適宜催促してくださってもOKです・笑)。

 では、以下、11月5日(土)から11月11日(金)23時までに桐生宛にメールをお送り頂いた方々に。続きを読む
posted by 桐生 at 00:09| サイト更新情報