2014年11月29日

キタキタ妄想話カッパ編

*はしがき*
 ここに公開いたします物語は、「覆面作家企画6」に提出された短編小説「キタキタ」(B12/作・石井鶫子さん@ショボ〜ン書房)を拝読した私(アヤキリュウ/桐生愛子)が、同作の舞台背景を勝手に妄想した挙げ句、個人的な趣味を寄せ集めて好き放題に練り上げた物語です。
 本作は、このような特殊な経緯で作られておりますゆえ、以下の注意書きを御一読いただいた上でお楽しみいただけますと幸いです。

※ 本作の怪異に関する設定の一部は、「キタキタ」の設定によっていますが、私の勝手な解釈により歪められた部分が多数ございます。
※ 本作は、その執筆経緯及び物語構成上、「キタキタ」のネタバレを含みます。ぜひ、石井さんによる「キタキタ」を読了の上でお楽しみください。なお、「キタキタ」は、私のふざけた妄想話とは全く異なる、大変雰囲気のある怪談です。
※ 本作がそれなりに面白い物語になったとしたら、それは「キタキタ」を書かれた石井鶫子さんのアイディアのおかげであり、一方、本作がいまいち面白くないものになったとしたら、それは私のくだらない妄想と未熟な文章力のせいです。
※ 本作があなたの「キタキタ」に対するイメージを崩壊させたとしても、私は責任を取れません。自己責任でお読みください。
※ 本作は、妄想の勢いに任せて、スマホで執筆されました。普段以上に甘い推敲しかしておりませんので、多少の矛盾は御容赦ください。御指摘いただければ直すかもしれませんが、直さないかもしれません。
※ 本作は、その執筆前に、『ゴーストハント』(小野不由美)を読んでいたことの影響を受けております。要はそういう系の話が書きたかった…のですが、まぁあれです、生暖かい目で御覧ください。
※ 「キタキタ」は企画の規定上、6000字以内で書かれておりますが、本作執筆に当たっては、何ら文章量の制約が存在しなかったので、1万字を超えました。…いえ、正確には、一万五千字を超え、16,374文字です。覚悟してください。

それでは、どうぞ。
続きを読む
posted by 桐生 at 23:47| 覆面作家企画6

2014年10月28日

覆面作家企画感想ツイートまとめ(追加分)

推理期間終了後の感想ツイートのまとめです。

基本的な感想書き方針は推理期間中[※2つ前の記事参照]と同じですが、若干フリーダムになっている。(笑)
なお、感想ツイート後の作者様とのリプライのやり取りは基本的に省略しています。

言及作品は、以下の11作。(と、A01の推理関係の補足が少々)
C04 ほんとうの救世主
B12 キタキタ[※記事末尾におまけ付き]
C05 ともしびの揺れる
D10 灼かれた者
F03 僕も愛しているよ
F07 火のないところに煙をたてるお仕事です。
B03 <激情>の魔女
B09 狐の嫁入り
D07 Waiting For The Fire Never Come
E04 酔夢春秋
D03 Gore -青き死神-


続きを読む
posted by 桐生 at 00:13| 覆面作家企画6

2014年10月19日

覆面作家企画6ランダム感想ツイートまとめ

アヤキリュウ名義のTwitter(@ayakiryu_)に投下していた覆面作家企画6の感想ツイートまとめです。
基本的に、感想ツイート+その作品を読むと決めた理由という形でツイートしていました。
合間合間で呟いていた感想方針ツイートも流れ的に拾っています。

感想を書いた作品は以下の21作品。ただし、感想を書いた作品以外にも、その作品を読もうと選び出す過程でタイトルの印象のみ言及している作品もあった……ような気がします。

B07、D04、G02、C03、A11、E02、F06、A02、B05、C09、C11、D07、E05、F09、G03、A01、B04、D06、E08、F10、G08。(読んだ順=ツイート順)
※ブロックごとではないので拾いづらくてゴメンナサイ。後日、ブロックごとに整理することも考えないではないですが、めんどくさがって放置する可能性大です。(苦笑)

【感想方針(感想ツイートをするにあたって自分に課したルール…という名の言い訳)】
:ブロックごとではなく、ランダムに読む。
:感想は1ツイートに収める。(※まとめでは除外している識別符号も含めて140字以内)
:推理や選定理由は別ツイートで補足可。
:言葉足らずな感想については、お問い合わせがあれば対応する方向。
:制限文字数内に収めるために諸々削って無理矢理まとめたら、何だか空っぽな感想になった……ってのもあります……スミマセン。遠慮なく問い合わせてください。むしろ言い訳させてほしい。(苦笑)

【まとめ方針】
:基本的には、ツイートそのままコピー&ペースト。
:@hkmnsk #覆面企画6 の識別符号は形式的に除外。
:気まぐれで試みた無謀な推理結果については追記を付した。

 今回、書き手として参加できなかったことは非常に残念ですが、読み手として楽しませて頂きました!
 ありがとうございました!
 未読作品も多々ありますすが、注目作は色々あるようなので、時間の空いた折にまたこそこそ読んでいるかもしれません。

 では、ツイートまとめへどうぞ。
続きを読む
posted by 桐生 at 11:37| 覆面作家企画6