2016年02月28日

覆面作家企画7:Aブロック感想&推理

急げっ、急げっ!
……どうも皆様、こんにちは! 直感探偵・アヤキリュウです!

残り時間的に、探偵としての職務は果たし切れそうにない……と思いながら大急ぎで拝読したAブロックでしたが、意外に直感推理がうまくはまり、一応の推理結果を御呈示することができそうです!
駆け込みも駆け込み、大駆け込みですが、どうぞよろしくお願いいたします!

【御留意いただきたいこと】
・ネタバレあります!
・作品ごとの感想→人ごとに推理…のつもりでしたが、感想の中に推理も混じっています。
・メモを取りながら読んだ場合と、読了後に感想メモを残した場合とで、感想の長短や形式に著しい差が生じております。他意はないので(長い感想が良い感想というわけでもないので)、御容赦ください……。
・先々の展開について明後日の方向に疑ったりもしていますが、決して悪気はありません!(他のブロックで騙され過ぎてちょっと疑り深くなっただけ…orz)
・記事内容に対する苦情、訂正申し入れは、個人サイト又はこのブログ(PC版表示)の左側にあるメーフォーム(匿名可)又はTwitterのDM(フォロー外からも可)で随時受け付けています!

■A01 これは災厄の物語?
お仕事サラリーマン小説かと思ったら、ファンタジー来た!
お疲れ気味サラリーマンを襲う恋の嵐……と思いきや……?
「結末は、まだずっと先。」
……おっと、終わってしまった!(笑)
「災厄の物語?」が、「幸いの物語!」に変わるといいですね。
主人公にとっても、始まりは災いだったんだろうし、晴陽にとっても「影なし」であることは災いだったんだろうけど……結末が遠いということは、すぐに別れるというわけでもないということで……もちろん、幸いの物語になると私は信じています!
何となく、moesさん? って思ったんですけど、なぜそう思ったのかはよく分からぬ…前回の覆面作とは空気は違う…よね…。(苦笑)
Aブロックは菜宮雪さんもおられるのか……菜宮さんもあり得るかもしれない……?
誰についても「あり得ない」とはいうことはない気がしますが、冬木さんではない…とは思いました。(直感)


■A02 国境いの灯台守
ファンタジー…かな?
ルリアが恋人や幼馴染みではなく既に「妻」である点に推理のポイントがあるのではないかという疑い……。
……「真空の中で長くは生きられない」と出て来て、あれ、と思い、「眼柄」(ピンと来なくて辞書引いた)、「宇宙の海」に……一回転した気分……です。私が今まで脳裏に描いていた絵を描き直さなくてはいけないのですが……。orz
このお話は、敵船が野生の怪物を差し向けて灯台を奪いに来たけど、敵船を襲おうとした怪物から敵船を助けようとした灯台守の行動に感銘を受けた敵船の乗組員が、敵船から灯台に標的を移した怪物から灯台守を助けるために、灯台の帰属国の領域をわざと侵犯して警備船を引き連れ、灯台守を救出させた……ということでよいのでしょうか。国同士は対立しても、海に生きる者たちは互いに助け合って生きているのだ、と!
……と素直に感動したところで、主人公のビジュアルは……ビジュアルは……エビなの? カニなの? ザリガニなの!?(大混乱)
何か、正確に状況を脳裏に描こうとするとバルタン星人みたいなのがウジョウジョにいることになって、どうにもこうにも……笑っていいですか?(笑)
でもたぶん、このギャップ(?)がこの作品の魅力。どの国の国民かで区別しないのと同じように、見た目で区別してもいけないのよ!
直感推理は、SFだから麻生新奈さん……って、安易かな(安易です、かなり…)。


■A03 あの、透明な水を、この手に。
主人公は高校生……かな? 普通の男の子……で良いのかな?
これ、どっちが悪いんだろうとか考えてしまうのは、狭量なのかもしれないけれど。
主人公の内心を「せつなくて尊い純愛」と見るべきなのか、「気持ちの悪いストーカー」と見るべきなのか、ちょっと迷っています……。(苦笑)
個人的な心証は後者に近いんだけど……二人の親しくなっていく過程次第では、思わせぶりな態度で純粋な少年をキープしようとした悪女が痛い目見るってことにもなるのかもしれない……? いや、でも……。
やっぱり、私がこの女の子の立場なら、確実にこの主人公を殴る……ような気がする…。(苦笑)あるいは、暴行罪で警察に突き出すか…。(笑)
……なんか雰囲気で読ませられちゃったけど(ここはとても褒めているつもり)、冷静に考えたら、これは結構むかむかする奴だぞ、私の信条的に。(笑)
幸いなのは、まずもって私はこういう少年に恋心を寄せられるようなタイプではない……ということでしょうか。(苦笑)
もし作者が、これをせつない純愛として書かれていたなら大変申し訳ないのですが、文学としてなら、私はこの、後から立ち上って来るむかむか加減は嫌いじゃない……と思います。ものすごくむかむかするけど。(笑)


■A04 After Pandora -溺れゆく希望-
エビ(?)の次はカニか!(笑) と思ったのは、言うまでもなく。このブロック分けは意図的なのかなぁ?(^_^;)
おっとこれもSF系……麻生さん絞れない……と思いつつ、少年の柔らかな語り口に導かれて読み進め……。
「もしかするとその『希望』って、水が入った壺の中で、もう溺れ死んでいるんじゃないかな?」で、思わずクスリと微笑んでしまった。いや、笑ってる場合じゃないんだけど……。希望さえない世界なんて絶望的過ぎるのだけど。
物語世界の話に限らず、この皮肉(?)はすごく効く……好きです、この感性。
そして……そう来たかぁ、と。
ファンタジーのままでは終わらなかった。少なくとも、私はファンタジーのままでは終われないと読みました…。
語り口は始終優しくて、優しい。
最後に、躊躇いがちに希望が残っているところも好き。
この優しさが好きだなぁ。優しいだけじゃない、勇気が好き。
希望はまだ、溺れ死んでいない……物語の中だけの話じゃなくて、そう思います。
この優しさと語り口の柔らかさは冬木さんもあり得るんだけど、SF的設定とかタイトルセンスとか、逃げずに書いて来た感にはむしろ麻生さん感をちょっと感じる……ような気もするけど、直感探偵の脳内仕様的に「冬木さんとは違う感」がSFを前提にした途端全て「麻生さん感」に自動変換されているような気もするところではある……。(最近の麻生さん作品で作風を再検証しないといけないのだが、時間が…・苦笑)


【直感探偵の幕間な推理メモ】
ふと思い出したのですが、確か冬木さんの特徴って、一文が長め……でしたよね?


■A05 花は地に落ちて
悲恋の物語……と言うよりは愛憎劇……と言うのもちょっと違う気はするのですが。
何だかなぁ、何だかなぁ……という感じ(直感探偵は語彙が少ない)。これは決して悪い意味じゃなくて……あうあうあう……としか言えない、みたいな。
時代……なのかなぁ、とか。私は自由のある時代に生まれていて良かったな……って言うのもなんなんだけど。
せつない……って言うのもなんか違うんだよね。何かこう上手く説明できない感情……そういうものを書いてくれるのが小説だと私は思うので、そういう意味で、これは間違いなく小説。いい小説。
みんな良いヤツ……とは言えない、みんな悪い奴……とも言えない…。
直感探偵の推理メモ:和風は御桜真さんって聞いたのですが……(完全に付和雷同)。


■A06 蛍火
……こちらも和風だった……御桜さんが増えた……。orz
冬木さんの可能性もあるのかなー……さほど一文長い感じでもないけど。
……って、ついつい推理しようとしちゃうわけですが。
政略結婚……だけど、本人同士が思いあっているからむしろ好都合……というわけにはいかないってことかぁ。
しかし、いっそ娘を人質代わりに貰ったつもりで逆に上手いことやれば良いのでは……なんて思う私は腹黒でしょうか。いや、政の道具として娘を使う男が相手では、娘を嫁にしても人質効果は低い……か(それで済むなら悩まないわって話ですよね;)。
しかし、蘇芳もいいけど、石清水少将もちょっと気になりますよね!(脇役スキーの血が騒ぐ・笑)
最初は単なる政略結婚の許嫁だったけど、紅絹子に慕われてまんざらでもなくなっていく武人……きっと可愛い人だったんだと思う……(惜しいことよ)。


■A07 ちいさな魔女とフローライトレンズ、祈り
タイトル的に冬木さんあり得るかなーって思ったのはこれ。
一本道ではない構成に、少し警戒しつつ読み進める。「善き魔女にあるまじき選択」……と言うのは、「巻戻しの魔法」のことかな。
使うべきではない巻戻しの魔法が事故によって発動してしまって、しかし己の希望がためにそれを止めることを躊躇し、結果、もたらされたのは、彼の身に刻まれた呪いと彼が真に愛していたのは誰かという真実で……。
呪いを解くために彼を魔女の世界レンデントリーに連れて来て、「先生」の治療を受けさせている……。
そして治療が済んで呪いが解けたら……写真は返さなきゃいけないのかな? 個人的には、自分の写真なんだから持っていてもいいんじゃないかなって思うのだけど……。
返さなきゃいけないと言うより、「あなたにも持っていて欲しい」ってことだったりするのだろうか……それとも、完全に関係を断つという覚悟なんだろうか。確かに彼女は過ちを犯したのかもしれないけれど、でも……思い出くらいは、持っていても……ダメ、なのかなぁ?
エドの呪いが解けた時、彼女の決意は変わらないのだろうか…。
推理メモ:冬木さん……あり得るような、ような……(もはや全く機能しない直感)。


■A08 HIKARI
アンドロイド……はSF要素だから……あ、あそうさ……(直感推理破綻中)。
「LGT-H1」って、どこかで見たような字面だなぁと思いながら、閃いたのがヨーグルト(乳酸菌)なのは、別にお話とは関係ないよね……。
『メインカメラ コワレタダケ』……アンジェリカのツッコミへの回答に笑い、この緩急の塩梅は好きだ、と。
せつない語り口の空気に対して、アンジェリカの明るさがいいなぁ。素直で純粋。
ラストは……どういう意味なんだろう?
『ヘイカンジコクニアワセテ ジドウデ デンゲンガキレルヨウニ セッテイサレテイルダケ』……とか言ってほしいよ…。
本当に活動を停止して、もう動かなくなってしまったのだとしたら、アンジェリカは再び博物館を訪れた時にがっかりする……ううん、悲しむんじゃないかなぁ。
最後の「キボウ」っていうのは、彼らアンドロイドの物語を語り継いでくれる人であるということについての「希望」? それとも、未来を創っていく子供たちという存在自体が、人類と人類のために働いてきたアンドロイドたちにとって希望……なのかもしれない?
推理メモ:ですます調だからかもしれないけど、比較的文章長めなところがありますね。優しい感じと、アンジェリカの素直で明るい感じ、冬木さん感を感じないでもない……。せつなさと明るさのバランスが覆面5の『ヘブンリー・ブルーはここにある』を想起させるような……。


■A09 御嵩城幻夢伝
おぉ、歴史物だ……しかも本格派の匂い。惜しむらくは、私の歴史知識が足りな過ぎて、どこまで史実に忠実なのかちゃんと分からないことだ!(苦笑)
道三が出てくる辺りは史実どおりのようだ……。
……重則の戦いぶりは史実どおりなのかな? 夢の話は伝承があったりするのかしら、それとも作者のオリジナルなのかしら。娘が身を投げた話は伝承として残っているようだけど……。←検索した
歴史物って、史実に即しつつも、史実をそのまま書いたんじゃ面白くないし、匙加減がすごいなって思うのです。
蛇神様は岩村城へ移動したようですが、そこでは何をしでかすのか……続く呪いと続く歴史、両者が連綿と絡み合う時の流れに思いを馳せると、また味わい深いな……と思いました。
推理メモ:本格歴史物というだけで、だいぶ書き手を絞れそうな気がするのだけど、過去作から手掛かりを収集しないことにはどうにもならないですよね。(苦笑)


■A10 光をこの手に
火、水、風、土……属性に応じた魔法(?)のある世界。ちょっと素敵……とときめいたところで、「そして、女性は、結婚にもかなり影響してくるのだ。」の一文にガンッと現実に引き戻された……属性差別以前に、性差別もあるのですね……。orz
そして、府省の役人(と言いつつ研究者のようです)が「結婚適齢期の女性が彼氏にしたい職ナンバーワン」……! この価値観、個人的には違和感があるのですが(笑)、この価値観を各時代の現実の価値観と比較すれば、そこから作者の世代を特定することができるのではないか(ほら、バブルの頃は公務員は全く人気なかったとかそういうのを踏まえると何か見えそうな気が…・笑)……などと邪推して考え込む直感探偵。(苦笑)
……で、結論としては。
……やはり、リア充爆発しろって言葉はこういう時のために……(某ブロックでも同じことを言って二度目なので以下略)。
最後に「嗚呼、幸せ。」とかのろけやがるので(笑)、よりいっそう、殴りたい気分が強化されるわけですが……(拳を握り締めつつ苦笑)。
ええ、ええ、主人公もウィルも可愛いですね…ふふふ(遠い目しつつ)。
……で、ちょっと真面目な話をいたしますと、実は私、この結末は本当にこれで良かったのだろうか…という気がして、少しもやもやしています…。
具体的に言うと、作中世界で主人公が感じて来た「無属性」に対する社会の差別意識(本人の劣等感)が、この結末では本質的には解決されていないような気がして……。
「光と闇という新たな属性が発見されたこと」をもって、「無属性」に対するステレオタイプな差別意識を乗り越える新しい価値が提示された……と理解することもできないわけではないのですが、もしも新しい属性が発見(証明)されなければ、主人公の劣等感は解消されないままだったんだろうか、と考えてしまって……。
ステレオタイプを乗り越えるためには、やはり「たとえ主人公に対応した新しい属性が発見できなくても、主人公の存在には価値がある」ということを証明する必要があったのではないか……という気がしているのです。
もちろん、ウィルは主人公がたとえ無属性だとしても、彼女を愛していたんだとは思うし、それは間違いなく彼女の価値だと思うのですけれど、も。個人的な好みとしては、そっちの「愛」にもっとフォーカスしてほしかった……という感じ、かなぁ?(聞くな)
……うん、野暮なことを言ったのかもしれません。たぶん、これは素直に「御馳走様でした!」と言うべきお話なのだろうということは理解しています……。(苦笑)
そして……この主人公、「ギルバートがニヤニヤしてムカツク」なんて思っているようですが、「嗚呼、幸せ」なんて思っている主人公自身の方がずっと、実際にはニヤニヤしてるんじゃないですか、ねぇ!?(笑)
リア充爆発しろ……なんて、お上品な私は言いませんよ、言いませんけど!(私、コメディは随時突っ込みを入れながら楽しむ派です…・笑)
推理メモ:恋愛モノ、特にラブコメ系を得意とする方なのかなーと。


▼推理経過
…何とかギリギリで駆け込みたく、意気込みテンプレだけでも見て直感推理するぞー!(えいえいおー)

まず、一読後の印象で、麻生新奈さんをA104に、冬木洋子さんをA08に置いています。
麻生さんは、SFの人という印象(噂?)があるのと、テーマ的にもぐっと来るものをばしっと書いて来そうな感じがするからです(謎擬態語はフィーリングで解釈してほしい)。
冬木さんは、前回覆面の際に一文が長めだという話を聞いたような気がします。今回は、それを意識して少し短めにしてるかもと思いつつも、印象としては一文長めだったA08。お話の空気も優しい感じで、冬木さん感あるな、と。

それでは、moesさんのサイトへ!
前回覆面後、何度かサイトを拝見している記憶……はあるのに、作風をちゃんと意識して読んでなかったから、一読だけでは直感働かなかったの。(^_^;)
覆面は被っていないよう……とりあえず、最近作を拝読。
一文短め。台詞のやり取りの感じに独特さがあるような……?
そもそも、A読了後、推理開始前にFを読んじゃったから、Aの作品ってどのお話だったっけ……(他ブロックと記憶が混じり…)……ちょっと各作品を再読しないとだめだ……ええと、A01から……moesさん、これじゃない?(笑)
サイトの『たゆたう標』の青年の台詞「堂々巡りですよ。あなたからの要請だから応えた。それだけです」とか、なんかA01の主人公と印象似てない?
冒頭も「先客がいた。」と「朝から雲一つない晴れた日だった。」の始まり方の空気が……よくあることかもしれないけれど、なんか直感が!(笑)
とりあえず、A01=moesさんで!
改行頻度高めなのも……かなり有力な証拠になると思われる…!
(…と言う推理をしてしばらく後に、自分の感想メモを振り返ったら、A01=moesさんじゃないかって、私、最初から疑ってた…! いや、そんなこと書いたことすっかり忘れてたんですが(え)……我ながら、恐るべし直感探偵であります・笑)

では次、seedsさん!
ファンタジー系……執筆時間は2〜3時間。
……うーん、あまり絞れない?
とりあえず、テイストが違うので参考にならないという最近作を拝読して……この少女と少年感……A02?(^_^;)
いや、テイストが違うとおっしゃっているのにそれはない? でも、SF寄りなところがテイスト違いってことも……!?
……うーん、違うかなぁ。
現代モノも書かれるようで、その印象からすると、ラブコメ的な……? A10とかどうだろう? 最近作と傾向が違う……のは確かなんじゃないかしら。
傾向が違うとは言え、さすがにA09とかは出して来ないよねーという気がするし。(苦笑)
「光」のお題でコレと決めたと言う辺りに、まさに「光」がメインに出てくる感じのお話なんじゃないかなって気もするの。すると、A10ありそうでしょ?
seedsさん=A10で、仮置き!

三番手、カイリさん!
……架空史、伝奇……A05とか、A09とか?
前回覆面作品を拝読するとA05感……があまりにも強過ぎて、怪しい気もする……。(苦笑)
でも、特に覆面被ってる気配はないからなぁ。
A05=カイリさん、仮置き!

次、御桜真さん!
……あ、私、一読時にA05は御桜さんじゃないかとか言ってなかったっけ?
うーん、カイリさん=A09、御桜真さん=A05にしようかなぁ…!
……あ、でも、和風ということなら、A06もあるんだった!
うーん、うーん……?
A05とA06は恋愛傾向が結構違う気がする……A05のの方が書く人限られてる感。A09は更に……。
やはり、カイリさん=A09、御桜真さん=A05かな!

次、菜宮雪さん!
意気込みテンプレ拝見しつつ、そうそう、コメディの方ですよね!
Aブロックはシリアスな雰囲気の作品が多いのだけど、コメディ感あるのは、A01とA02かな。
菜宮さん、甲殻類好きかな……?(笑)
なんちゃってSFもお好きと言うし、A02じゃないかなー? でも、甲殻類に詳し過ぎそう感がなー、何かなー?(菜宮さんと甲殻類に何か接点はないのか!?→特段発見できず;)
そう言えば、既にseedsさんと推理しているA10もコメディテイストあるよねー?
いや、でも、seedsさんの「最近作とはテイスト違う」発言や、「光」のお題……うぅん……例えば、「光」というお題を知って「光と言えば灯台だ、灯台の話にしよう!」……という発想がないとは言えない……が。
A02の甲殻類という思わず「うおぉおーい!」と突っ込み入れたくなる何かを仕込んでくる感じは菜宮さんでいいのではないか……とも!
A02=菜宮雪さんで!

次は、真北理奈さん!
意気込みテンプレを見ると、「散文っぽいのですぐ書けた」……「散文っぽい」ってどういう意味だ!?
普段は(散文の反対の)韻文っぽい作品を書かれている……わけじゃないですよね?(苦笑)……一応、「宿語りのシーガル」参加作品の『銀の夢、紅の契り』をチェックして……うん、普通に小説だ。(笑)
つまり、散文って言うのは、小説的定型をちょっと崩した作品ってことではないか……むしろ、詩的な作品……とか!
「苦情がこないかハラハラ」というのも、ちょっとチャレンジングな作品なんだと思う……つまり、すなわち……A03! これでしょう!?(笑)
A03=真北理奈さんで!

一応、冬木さんと麻生さんのテンプレも見ておこうかしら。
冬木さん……「一箇所だけ意図的に変えた」ってのは、タイトルのことかなぁと思っているんですが、どうでしょう? 冬木さんがアルファベットタイトルってちょっと意外な感じするんですよね。
で、ヒントになりそうな作品として挙がっている『木苺はわたしと犬のもの 〜司書子さんとタンテイさん〜』……童話風文体(ですます調)がヒント……とか? いやいかいや!(笑)
でも、司書子さんのちょっととぼけた感じに、A08の「光」と重なる部分がある気もするし、優しい空気感はやはり冬木さん感として共通!
それに……うっかりしていたけれど、A08も部分的にです・ます調じゃないですか!(うっかりし過ぎである)
うん、冬木さん=A08説は問題なさそう!

麻生さんの意気込みテンプレは……なんかヒントになりそうな記述が全くない感!(笑)
最近作の『潮騒、黒のワンピース』は現代物……人称も違うから、参考にならないというのはそういうことかな。
とりあえず、当初の直感どおり、A04=麻生新奈さんで!

次は、未設定さん!(すごいお名前だ…)
意気込みテンプレ拝見!
好きな物は「相棒的関係とアンドロイド」……「の、割に、初恋をこじらせた野郎共ばかり書いています」……あれ、何かはまらない予感。(苦笑)
……「書きやすいのはホラー未満の伝奇風です。」……よかった、A09だ、A09!
……ってあれ、私、そこにカイリさん置いてる……あわわ。
いや、でも、ここは未設定さんをA09に置かなきゃダメだ! だって、残りの作品、みんな少女感あるんだもん!(笑)
意気込みテンプレの回答の書きぶりだけ見ても、他の作品、未設定さんの空気とは違う気しかしないよ!
で、たぶん、カイリさんはA05。御桜真さんはA06とかでいいんじゃないかい?
……しかし、未設定さんの最近作『ホーリーブルー』を拝読すると……うぅん、うぅん…現代物だからか、思っていたよりも文体が柔らかい気がしてしまって……いや、でも、他に置き場があるか? いや、ない(ということにさせてください)。

というわけで、ラストは鈴埜さん!
さぁ、ちゃんとはまってくれるかな…?
多才そうなお方だけれど、ファンタジー系でアウトではない。恋愛ものもあり……かなぁ?
とりあえず、「宿語りのシーガル」参加作品の『声は空を越えて』を拝読。
うーん、うーん?
もう一つの最近作『イエローの憂鬱☆リターンズ』の方が今回の覆面作品と近いとのことなので、そちらを……うーん……タイトルどおりのコメディなので近い……とは言い難い気もしますが、少年少女の視点で進んでいくところが……比較的?
ファンタジー世界観と小道具としての機会道具の組み合わせがシーガル作品とA07で共通かなーって気もする。
覆面6の『ひだね』を再読して、童話風世界観から感じる可愛らしさ、それでいてシリアスなテーマ……A07でいい気はします。
A07=鈴埜さん!

できた、できたー!
……しかし、本当に、これでいいのか……?
特に、カイリさんと御桜真さんのとこ……不安。
カイリさんのサイト再訪。『鎖の森』拝読……うん、やはりこの文章の硬度はA05な気がする。
御桜さんは雑誌掲載作を拝読済みで、その印象を踏まえつつ…なんですけど、文体の硬軟はあまり意識して読んでなかったので…「和風」、「結構シリアスもいける」という印象で……改めてサイトを再訪して文体をチェックすると……うん、カイリさんよりは柔らかい感じする。思っていたほど空気が硬くない感じ。A06で大丈夫…だと思う!

というわけで、改めまして、直感推理、完了です!

【推理結果】
A01 これは災厄の物語? →moesさん
A02 国境いの灯台守 →菜宮雪さん
A03 あの、透明な水を、この手に。 →真北理奈さん
A04 After Pandora -溺れゆく希望- →麻生新奈さん
A05 花は地に落ちて →カイリさん
A06 蛍火 →御桜真さん
A07 ちいさな魔女とフローライトレンズ、祈り →鈴埜さん
A08 HIKARI →冬木洋子さん
A09 御嵩城幻夢伝 →未設定さん
A10 光をこの手に →seedsさん

冬木さんと鈴埜さんが逆とかあるかなーってちらっと思ったけど、冬木さんには大サービスヒントもらってるし、A07は文体と言うか世界観的に何かがこう……冬木さんとは微妙に違う気がするので! 大丈夫、大丈夫!
……そして、さぁ、記事投稿しようという段階になって、鈴埜さんと菜宮さんが逆の可能性ある? とか思ったけど、思ったけど……いや、私は直感を信じる! ってことでー!
posted by 桐生 at 21:52| 覆面作家企画7